外観の上品さとスポーティさ融合した秀逸なデザインが人気の高さのひとつです。

ホンダ・フリード

 

ホンダ・フリード

 

概要・特徴

2008年に「運転しやすいサイズでなおかつ室内空間にもゆとりあるコンパクトミニバン」をコンセプトに作られたミニバンです。

 

一部改良やマイナーチェンジを経て、2016年秋には初めてのフルモデルチェンジが行われ新型のフリードが発売されると発表され話題になっています。

 

ガソリン車、ハイブリット車共に燃費がよく、また7人乗りで収納力もほしいけどそんなに大きい車はいらない、そして運転しやすい車がいい、というユーザーに大ヒットした人気車種です。

 

また、フリードの持つ外観の上品さとスポーティさをうまく融合した秀逸なデザインも人気の高さのひとつです。

 

 

フリードの魅力

ミニバンにもかかわらずコンパクトなボディで小回りがいいので運転がしやすく、車内空間は広く感じられるのがフリードの魅力の一つです。

 

足元も十分なゆとりがあり、シートが2列目、3列目と後ろに行くほど着座位置が高くなっており、圧迫感を感じない設計になっています。また、2列目シートは2人用の独立シートか3人用のベンチシートかを選ぶことができます

 

パワースライドドアを搭載しており、リモコンのスイッチやドアのハンドルで開閉することができます。
コンパクトなミニバンでありながらスライドドアの開口部を600mmに設定されており、乗り降りがしやすくなっています

 

 

フリードの機能

フリードのハイブリッドシステムは、ハイブリッドならではの違和感を極力なくしており、発進時も完全なモーター走行ではなく、エンジンをモーターがアシストする設計により、走行性能を向上させ軽快な加速を実現しています。

 

また、減速停止時にはエンジンはストップしてモーターのみの運転となり、この時に減速エネルギーをバッテリーに充電するという無駄がない設計になっており、より良い燃費を実現しています。