オデッセイは、経営難時代のホンダを救った大ヒットミニバンです。

ホンダ・オデッセイ

 

ホンダオデッセイ

 

 

概要・特徴

1994年に初代モデルが発売され、セダンのような高級感や、走りの良さを兼ね備えたスポーティーかつラグジュアリーなミニバンとして大ヒットして、現行の5代目までロングセラーを続けているホンダの基幹車種のうちの1台です。

 

発売当初はホンダはRV車などを持っていなかった事がひびき、経営が低迷していて、新型車の開発費に予算が作れない状況にあったと言われています。そんな中、既存のアコードのプラットフォームと生産ラインを併用する事で生み出されたオデッセイはそれまでのミニバンの常識であったスライドドアを採用できず、ヒンジドアの状態で発売する事となりました。

 

苦渋の選択とも言える後部座席ドアの妥協は、大人数乗れるミニバンでありながら、アコードなどのセダンなどにも近い走りを実現でき、個性も豊かだとエンドユーザーに評価されて、発売直後からそれまでのホンダの販売不振を打ち破る程の大ヒット車種となりました。

 

4代目までは初代から続くヒンジドアのスタイルを貫いてきましたが、現行モデルの5代目では、スライドドアを採用し、一般的なミニバンのスペックへとなりました。

 

トップページでも紹介している通り、ミニバンの定義にスライドドアが入らなかった事はオデッセイの影響がほとんどとも言えるほど、ミニバン業界にも大きな影響力を持っている定番の車種となっています。

 

 

 

 

オデッセイのおすすめポイント①・走りの良さ

オデッセイの最大の特徴とも言えるのが、3列シートのミニバンでありながら低い車体となっている点です。特に2003年発売の3代目からは低床・低重心化が強化されて、2WDモデルでは全高155cm以下と立体駐車場にも対応できてしまうサイズとなりました。

 

こうしたセダンなどと同様の重心を置けた事の最大のメリットは走りが良いという面。

 

ミニバンと言えば、「車体が高く、ボディー剛性も弱いので安定感がなく、段差ではフワフワとバスのように揺れて、コーナーでは横Gにめっぽう弱い。」「風が強いと横風の影響をモロに受けてしまう。」などのデメリットがありましたが、オデッセイではこうしたミニバンの走りの欠点を大きく克服した車種となっています。

 

小柄なボディーサイズながら、車はしっかり作り上げていて、車両重量はヒンジドアの型落ちモデルを含めて見ためほど軽くはありません。

 

そんな中、初代からエンジンは2リッターを超える大きさしか採用してこなかったのは、走りの良さを妥協しないオデッセイのコンセプトによるもので、基本的には、通常のミニバンでは走りが満足しないユーザーをターゲットにおいた高級・高性能ミニバンとなっています。

 

スライドドアを採用した現行モデルも、室内空間の広さや実用性を兼ね備えつつ、走りにも徹底したこだわりを見せています。

 

 

 

 

オデッセイのおすすめポイント②・見た目がカッコイイ

2003年に登場した3代目(RB1/2型)からは、全高が低くなったのに加えて、見た目がスタイリッシュに変更されました。
この型よりオデッセイはオシャレな車というイメージがより強まり、見た目で選ぶ人が増えていきました。
最近のホンダ車特有のフロントマスクのベースも3代目以降のオデッセイのヒットを受けて造られたと言ってもよいでしょう。

 

現行モデルの5代目では、スライドドア採用でセダン並の低車高こそ失われましたが、オデッセイブランドに恥じない、見た目に強くこだわり、スタイリッシュでありながら、迫力も兼ね備えたデザインとなっています。

 

ヒンジドアの型落ちモデルでは、カスタムベース車にされる事も多く、更にローダウンさせて大口径アルミホイールを履くなどといった定番カスタムをするだけで、他の車とは違った個性が引き立ちます。

 

 

 

 

オデッセイのおすすめポイント③・アブソルートブランド

オデッセイの最上級グレードと言えば定番なのがアブソルートです。現行モデルでも採用されているアブソルートは非常に人気が高く、中古車相場ではアブソルートと通常グレードのMでは大きな価格差が生じています。

 

車好きの中ではアブソルートというブランドはオデッセイのオーナー以外にもすっかり定着していて、他の車種の上級グレードと比べても高いブランド力を誇っています。新車で購入する時は多少高くても、売る時の事を考えればアブソルートを選ぶ事がおすすめとなっています。「アブソルート」は英語で「絶対的なもの。」という意味を持ちますが、響きだけでもカッコよくセンス溢れるネーミングとユーザーからは高く評価されています。

 

 

 

 

オデッセイの一口情報「中古車も人気が高い!」

現行モデルでスライドドアの採用により革新的な仕様変更となりました。
これにより新規ユーザーの取り込みは可能になりましたが、既存ユーザーからは惜しむ声が非常に多かったです。

 

外車も含めて3列シートのミニバンで全高155cm以下の車種は他に例がほとんどなく、デビューから長年貫いてきたオデッセイがヒンジドアをやめたのは衝撃的でした。

 

時代の流れと言えばしょうがないですが、これにより今後3代目や4代目のような立体駐車場にも入り、全高をセダン並に低くする事ができるミニバンは今後一切登場しない可能性もあり、オデッセイの中古車は現在、高年式・低走行を中心に人気が高まっています