デリカD5はSUVとミニバンの双方の良さを融合させた新しいジャンルのミニバンでライバル車には無い魅力があります。

三菱・デリカD5

 

三菱デリカD5

 

概要・特徴

デリカD5はデリカシリーズの5代目にあたり、2007年に4代目デリカスペースギアの後継車種として登場しました。
SUVとミニバンの良い所を融合させた世界唯一のオールラウンダーミニバンのコンセプトとなっています。

 

発売当初は4WDのみの設定など、SUVとしての悪路走行などを強みとした内容になっていて、三菱の代表車種を作っている岐阜県のパジェロ製造が担当しています。

 

現在のモデルでは、街乗り用のミニバンとして求められる燃費の良さを兼ね備えた電子制御4WDを採用するミニバン唯一のスペックとなっていて、ライバル車と明確な差別化が行われています。

 

 

 

 

デリカD5のおすすめポイント①・走行性能

雪道・山道などの悪路走破能力においては他のミニバン車種の追随を許さない圧倒的な能力を持っています。テレビCMでも話題となった傾斜45度までの登板能力を誇りキャンプやスキー・スノーボードなどを利用する人には最適の1台と言えます。

 

車の外観で見て分かる通り、室内空間も非常に広く、ミニバンとしての機能を充分に兼ね備えている中でのSUV並の走行性能はまさにオールランダーミニバンのコンセプトにふさわしいスペックと言えます。

 

この他にも6速スポーツモード付きCVTや電子制御4WD・サスペンションはフロントにマクファーソンストラット式・リアトレーリングアーム式マルチリンクを採用するなどして、通常のミニバンとの差別化が行われています。

 

 

 

 

デリカD5のおすすめポイント②・クリーンディーゼルエンジン

2012年より4WD車にクリーンディーゼルエンジン車をミニバンとして初導入をしています。
歴代のデリカのディーゼルファンの要望に応える内容で、近年のクリーンディーゼルブームにも便乗した形で高い人気を誇っています。

 

ディーゼルエンジンは低燃費・ハイパワー・燃料代のコスト削減などの利点があり、アルファードハイブリッドなどと競合する事も多くなっています。

 

高速走行などの長距離移動では威力を発揮しにくいハイブリッド車とは違い、どんな場面でも抜群のパワーと低燃費を実現させるクリーンディーゼル車はコアな車好きユーザーから支持され、玄人仕様の1台となっています。

 

 

 

 

デリカD5のおすすめポイント③・高値で売れる

国産ミニバンのほとんどが、国内専用モデルとなっています。

 

車を売却した際はその後は、原則国内で再販される事しか道がないミニバンは売却時に査定が付きにくいという難点がありましたが、海外でも高い評価を得ているデリカD5は中古車の海外輸出でも人気の車種になっています。

 

これにより中古車としての市場価値が落ちにくい特徴があり、特に新車から5年以内の車や、距離をたくさん走る車においては、中古車の海外輸出の特性面から驚くような高値が付く可能性を持っています

 

 

 

デリカD5の一口情報「まもなく新型発表も近い!?」

デリカD5が発売されたのは2007年。
既に8年目に突入しているモデルとなります。

 

近年の三菱はモデルチェンジの感覚が長い傾向もありますが、現在の世界的な主力車種であるデリカD5には力を入れて開発しています。

 

現在の業界情報としては、「次期モデルには国産乗用車初のディーゼルエンジンのハイブリッドが搭載されるのではないか?」という噂が出ています。当然、まだ確定した情報ではありませんので、アテにして購入を見送る場合は自己責任をお願いしたいのですが、「早ければ2016年にもモデルチェンジをするのではないか?」とも言われています。

 

新車購入を検討している方は、もう少し新着情報を待ってから検討してもいいかもしれません。