エルグランドは国産トップの高級感を誇るミニバンです。

日産・エルグランド

 

日産エルグランド

 

 

概要・特徴

日産の最上位LLクラスのミニバンになります。

 

1997年に初代モデルが発売され、当時は後輪ドラムブレーキ、廉価版グレードJでは、電動格納ドアミラーの非搭載・2スピーカーなど、装備を簡略化して敷居の低いグレードを用意し、最上位グレードのXでは本革装備を標準装備するなど、幅位広いユーザーを狙ったフルサイズミニバンとなっていました。

 

「型が古く外観も古っぽい。」「廉価版グレードがあった事からブランド力が弱い。」などの要因があり、中古車相場では初代のE50型はほとんど値段が付かなくなってきています。

 

その後2002年に2代目となり、従来のFR駆動を維持しつつ、4輪ディスクブレーキ・リアマルチリンクサスペンションを標準装備するなど、完成度の高い1台となり、今現在もミニバンの往年の名車の1台と高く評価されています。

 

2010年より現行の3代目にフルモデルチェンジを行い、FRからFFへ駆動方式を変更(4WDの設定は全モデル有り)ボディーサイズの大型化を行い、大規模な仕様変更が実施されております。

 

 

 

 

エルグランドのおすすめポイント①・クラストップレベルの大きさ

ミニバンの大きな魅力となる大きさ。
外観が大きいとそれだけで高級感が高く、室内空間も広く居住性や開放感・荷物の積載なども向上します。

 

エルグランドは3代目からボディーサイズを従来モデルより全長80mm・全幅35mm拡大しました。これにより、最大のライバル・アルファード・ヴェルファイアよりも大きい車体となり、力強いデザインで迫力感は国内ミニバン最強と評価できます。

 

2014年1月のビッグマイナーチェンジでは室内床の高さを下げて室内高を25mm延長し、より広い室内空間となっています。

 

FRからFFに仕様変更した事で従来のFRファンからは残念という声も多くあがりましたが、これによりボディーサイズの大型化で一層高級感のある外観になったのと、クラストップレベルの低燃費を実現し、より完成度の高い1台へと変わりました。

 

 

 

 

エルグランドのおすすめポイント②・高級セダンに匹敵する豪華相場

2代目モデルから高級趣向のユーザーから高い評価を得ており、現行の3代目E92型では高級セダンにも匹敵する豪華装備のラインナップとなっています。

 

まず足回りですが、フロント独立懸架ストラット式・リア独立懸架マルチリンク式と2代目から引き続き前後独立懸架を採用

 

レザーシートを幅広く採用していて、ハイウェイスターモデルでは全車標準装備。
布シートはエントリーグレードの250XGのみとなっています。このシート設定だけでも、エルグランドは他のミニバンよりも高級感というブランド力が確立されて、所有する喜びが一層高いものになっています。

 

他にも全車サイドカーテンエアバック・ブザー機能つきタイヤ空気圧警報システムを標準装備で、安全性も高く、ハイウェイスタープレミアムでは3列目シート電動格納式など、高級趣向のユーザーを満足させられるスペックとなっています。

 

 

 

 

エルグランドのおすすめポイント③ユーザーの要望を満たす装備・スマートルームミラー

日産と言えば、他社にはない装備を積極的に開発している特徴があり有名なのがカメラのデジタル解析により、真上から見た映像を映し出して駐車をサポートするアラウンドビューモニターです。
最近では軽自動車にも装備するなど日産のスタンダート装備となってきています。

 

今回注目したいのが、2014年マイナーチェンジよりオプション(6万円)で設定されたスマートルームミラー
これは何かと言うと、後方視界を確認するルームミラーを通常のミラーとして使用するだけではなく、リアに取り付けたカメラの映像を移す事が可能となります。

 

ミニバンですと、後ろに人がたくさん乗ると後方視界が悪くなり、キャンプやゴルフ・スキー・スノボーなどでトランクスペースに荷物をたくさん乗せると後方視界がなくなる事もあり、何も乗っていない状態でも逆光や後続車のヘッドライトや朝日・夕日などでミラーの視界が悪くなったり、窓の付近の低い障害物などの死界が発生します。

 

こういった場合に任意でモニターに切り替えれば、例えどれだけ後部座席や荷室などリアガラスまでに障害物があろうとも、クリアなリア情報を映像で確認する事ができ、デジタル解析で夕日などをはじめ、光による反射も常時最適化した映像で確認をする事が可能となります。

 

 

 

 

エルグランドの一口情報「2代目以前の中古を買う時には燃費に注意!」

現行モデルではクラストップレベルの低燃費を実現していますが、型落ちとなる2代目以前のモデルを中古購入する場合は、燃費の悪さを覚悟しておく事が必要です。

 

2代目まではFRの駆動方式を採用。
大柄なボディーでも小回りがきき、高級車のような後ろから押されるような感覚の安定した乗り心地を体感する事が可能ですが、その反面燃費が悪くなる特性があり、特に3.5リッターエンジンでは街乗り燃費が5km前後しか走りません

 

中古相場でも新車価格が安い2.5クラスよりも3.5の方が値落ちが大きくなる逆転現象も発生しています。
単純に安い中古車を発見したからといって、燃費の事を考えずに買ってしまうと後悔する場合もあります。