プリウスよりボディサイズを大きくし、車内空間を広くしているのが特徴です。

トヨタ・プリウスα

 

トヨタ・プリウスα

 

概要・特徴

プリウスαはプリウスの派生車種で2011年5月にハイブリッド車として発売されました。乗り心地、内装などプリウスに比べかなりランクアップしています。

 

プリウスとエンジンやハイブリッドシステムは変わらないものの、ボディサイズを大きくし、車内空間を広くしているのが特徴です。

 

シートは5人乗りと7人乗りを選ぶことができ5人乗りでは荷室床下にニッケル水素電池を積むのに対し、3列目シートの7人乗りはトヨタの量産ハイブリッド車では初めてリチウムイオン電池を採用しています。

 

また、世界初の機構として1灯の光源でロービームとハイビームを切り替える「Bi-Beam LEDヘッドランプ」を「G」系と「S“ツーリングセレクション”」に装備しています。

 

 

プリウスαの魅力

ダッシュボードの上面をフラットにしたことで前方が良く見え開放感が出るように設計され、機能操作を運転席側にしてあります。

 

フルカラー式のマルチインフォメーションディスプレイが搭載されており、平均燃費や航続距離などドライブ情報以外にも、ハイブリッドシステムの作動状況、詳細な燃費履歴、運転評価、タコメーターやオーディオやナビとの連携表示などを高解像度の4.2インチフルカラー画面で確認できます。

 

ラゲージスペースがステーションワゴン並に広く使えること以外にも、床下収納が装備されておりより収納力を強化しています。

 

 

プリウスαの機能

プリウスαはモーターだけで走る「EVドライブモード」や「エコドライブモード」や「パワーモード」など状況に応じて走り具合を変更できる機能を備えています

 

また、インテリジェントパーキングアシストによって車庫入れや縦列駐車をサポートしてくれる機能や・アクセルを踏まずに定速走行が可能なクルーズコントロールによって運転をよりしやすくしてくれる機能も備えています。