「平成32年度燃費基準」を達成、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」を認定取得しています。

トヨタ・シエンタ

 

概要・特徴

シエンタは2013年に発売されたサブコンパクトサイズのミニバンです。

 

2006年い中期型にマイナーチェンジし、2010年に一度販売を終了したものの2011年5月に販売を再開しました。

 

2015年7月に新たにハイブリットカーを設定したりなどのフルモデルチェンジをしてから人気が急上昇し、納品に数ヶ月待つ自体にまでなりました。

 

シエンタは「平成32年度燃費基準」を達成し、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」も認定取得したことにより、「エコカー減税」の対象になっています。

 

 

シエンタのおすすめ機能

スマートキーで簡単にドア開閉ができるパワースライドドアが採用されており、開口部も幅665mm、高さ1145mm、と広く作られており、乗り込み口高さも330mmと高さを抑えており、床面も段差をフラットにしてあるので乗り込みがスムーズにできます。

 

また、後部座席の乗り口にアシストグリップが搭載されているので、小さなお子様からお年寄りまで楽に乗り降りすることができます。

 

ミニバンは通常3列シート目が折りたたみ収納できるものが一般的ですが、シエンタは2列目シートも収納できるようななっており、後部座席をより広く使用することが可能です。

 

小物収納など細かいところにも配慮がされており、より乗り心地の良いミニバンになっています。

 

 

シエンタの魅力

メーターパネルが通常よりも高い位置に配置されており、運転中の視線移動を抑制し、より安全に運転できるようになっています。

 

速度計と回転計の間には、カラーの4.2インチTFTマルチインフォメーションディスプレイがあり、時間や外気温度、燃費、航続可能距離、運転支援システム、瞬間燃費、アイドリングストップ時間を示す機能など多彩な機能が搭載されています。

 

画面の表示はハンドルの右側スポークにあるスイッチを操作するだけで簡単に切り替えられ、ハンドルを離すことなく操作ができるようになっています。